1. TOP
  2. ベラジョンカジノ
  3. 公務員がベラジョンカジノで稼ぐのは違反?処分対象にならないの?

公務員がベラジョンカジノで稼ぐのは違反?処分対象にならないの?

公務員がベラジョンカジノで稼ぐのは違反?処分対象にならないの?

公務員だけどベラジョンカジノのようなオンラインカジノに登録してプレイしていても仕事への影響はないのか?

 

ベラジョンカジノで稼ぐと副業禁止規定や職務規定違反にならないのか、過去の事例も踏まえて徹底解説します。

 

警察官や自衛官、教師や役所勤めの公務員が事前に知っておくと良い情報をまとめて紹介しますね。

公務員がオンラインカジノで処罰された事例がある!

ちょっとショッキングなタイトルかもしれませんが、公務員がオンラインカジノに登録してプレイしていたことで、懲戒処分を受けた事例があります。

 

ベラジョンカジノのようなオンラインカジノは危険なのか?とこの事実だけ聞くと不安になるでしょう。

 

しかし懲戒処分になった人に問題があり、なんと業務中に仕事もせずにオンラインカジノをプレイしていたんです。

 

そんな状態が何度も続けば、懲戒処分となるのも仕方がないことですし、それは当然の結果ですよね?

 

公務員以外のサラリーマンでも、同じような状況になるでしょうし、仕事中に仕事以外のことをするのは常識がない行為なので処分されても仕方がないでしょう。

 

懲戒処分の理由はオンラインカジノをプレイしていたことではなく、仕事中に仕事以外のことをしていたこと。

 

オンラインカジノに登録してプレイしていたことが問題視されたわけではありません。

 

実際に懲戒処分になった人も、オンラインカジノに関するお咎めではなかったことからも、公務員だからオンラインカジノができないということではないでしょう。

オンラインカジノはパチンコやパチスロと同じギャンブル

公務員がギャンブルをすることに関して、好印象か印象が悪いかで言えば、ほとんどの人が印象は良くないと答えるでしょう。

 

しかもオンラインカジノとか、違法カジノみたいで怪しいし、本当に日本でプレイしても問題がないの?と考えている人が多いでしょう。

 

オンラインカジノについて現在の日本の法解釈では合法とも違法とも言えず、グレーゾーンにあると考えられています。

 

グレーゾーンのギャンブルというと怪しさ満点ですが、これはパチンコやパチスロと同じです。

 

パチンコやパチスロは3店方式という方法で日本の法の抜け穴を利用して営業を行っていることを知っていますか?

 

日本には賭博罪があるものの、刑法でオンラインカジノが禁止という明確な規定がないので、どう法解釈するのかでその安全性が変わります。

 

実際に過去にオンラインカジノプレイヤーの裁判がありましたが、裁判では不起訴処分になり、無罪という形で釈放されていることからも、オンラインカジノのプレイは違法行為と問えないというのが現状でしょう。

 

 

違法性や裁判事例の詳細を知りたい人はこれらの記事を参考にすると、ベラジョンカジノの安全性がわかると思います。

公務員がベラジョンカジノで稼いだら税金はどうするべきか?

公務員でもサラリーマンでもベラジョンカジノで稼ぐことができたら、絶対に確定申告をして、必要に応じて税金を収めてください。

 

ベラジョンカジノの収益は一時所得なので、50万円までの特別控除がありますので、確定申告が必要になるのが50万円以上の収益がある場合。

 

もし確定申告せずに放置しておくと、数年後に税務署から連絡があり脱税疑惑の税務調査が行われ、追徴課税に修正申告が必要になることもあるでしょう。

 

それこそ公務員にとって好ましくない状態になりますので、稼いだら税金を払うという基本的なルールには従ってくださいね。

 

オンラインカジノの収益に関する税金の話はこの記事が参考になります。

 

 

公務員がベラジョンカジノで稼ぐと副業になるのか?

税金以外にも気になるのがベラジョンカジノで稼いだ場合に、副業禁止規定に抵触するのかという部分ではないでしょうか。

 

この点に関して言えば、一般的なレベルで遊んでいる分には問題ありません。

 

副業禁止規定に抵触するのは、事業レベルでオンラインカジノをプレイするような場合で、実際に人を雇ってプレイさせたり、継続的に収益が上がる仕組みを作って運営するような場合です。

 

オンラインカジノでも海外のランドカジノでも、パチンコでもパチスロでも、自分の趣味の範囲内で楽しむ分には、どれだけ高額な一時所得を得ても副業にはなりません。

 

オンラインカジノのジャックポットは宝くじで高額当選したようなもので、一時的な収益になるものの、それが継続的に入ってくるわけではありませんよね。

 

 

だから副業禁止規定に抵触することはありませんので、そこまで不安にならなくても良いと思いますよ。

 

公務員がベラジョンカジノで稼ぐのは違反なのかの記事まとめ

この記事では警察官や自衛官、教師や役所勤めの公務員がベラジョンカジノのようなオンラインカジノをプレイすることに問題がないのかを紹介してきました。

 

趣味レベルで休日や余暇のタイミングでベラジョンカジノをプレイする分には、全く問題はありません。

 

そこで高額なジャックポットを獲得しても、確定申告をして税金を納めていれば、人事評価や仕事に影響することもないでしょう。

 

公務員でもサラリーマンでも、社会的なルールに従って楽しむ分には、ベラジョンカジノでも他のオンラインカジノでも違法性を問われることはありません。

 

オンラインカジノと違法カジノを混在している人もいますが、ベラジョンカジノのように正規のカジノライセンスを取得している企業なら、社会的制裁の対象になることもなく、日本人なら誰でも楽しむことができますよ。

関連記事

  • ベラジョンカジノは勝てない?初心者が絶対に注意すべきポイントは?

  • オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の違法性について?

  • ベラジョンカジノでプレイ可能なソフトウェア会社とゲーム数は?

  • ベラジョンカジノは世界中でプレイできるオンラインカジノ?

  • ベラジョンカジノのライブバカラはハイローラー対応?

  • 一番人気のカジノサイトはベラジョンカジノ?