1. TOP
  2. ベラジョンカジノ
  3. オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の違法性について?

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の違法性について?

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の違法性について?

オンラインカジノやライブカジノをプレイする際に一番気になるのは、オンラインカジノは違法性が高く、犯罪行為にあたるのか?

 

逮捕されることはないのかという法律的に問題がないのかという部分ではないでしょうか。

 

過去にはオンラインカジノで遊んでいた日本人プレイヤーが逮捕された事件があったと言われていますが、本当に違法性が高い遊び方なのでしょうか。

 

ベラジョンカジノで遊ぶ際にも、「ライブカジノ=違法」という認識を持った人が多いので、実際にどうなのかを徹底検証します。

 

金銭のやり取りのないJack&Queenのようなカジノゲームスポットがメディアでも話題になりますので、違法性がないのかを考えてみましょう。

 

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の違法性は?

 

オンラインカジノが違法だとするのは、賭博罪という日本の法律が制定されているから。

 

第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
第186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

出典:六法全書

 

このように日本の法律に制定されていますので、賭博罪に問われるとすれば、ベラジョンカジノのようなオンラインカジノは違法性が高いと断言できますよね?

 

しかし日本の法律は、日本での金銭のやり取りを取り締まる法律のこと。

 

オンラインカジノやライブカジノをどこで楽しむかがポイント。

 

テレビやニュースで犯罪になるライブカジノは新宿や渋谷など日本国内で賭博行為を行った場合の話ですよね。

 

そもそも日本の法律は、日本国内で行う行為や行動に対して犯罪行為を取り締まるために決められているものです。

 

だから国内で金銭のやり取りも含めたカジノ行為や賭け麻雀のようなことをすれば、違法性があると判断されて逮捕されても文句を言うことができません。

 

でも日本人がラスベガスやマカオでカジノをプレイしても、犯罪に問われることはなく、違法性を指摘されることもないですよね?

 

日本の法律の適応範囲は、あくまでも日本国内で行う事に関するものですので、日本国外で行う行為に対しては違法性を問うことも取り締まる事もできません。

 

国内で行うライブカジノは犯罪行為、海外で行うカジノ行為は合法です。

 

オンラインカジノは日本でプレイしていても海外にあるサーバーの中でゲームをプレイしますので、明確に違法性があると断言することができません。

 

ベラジョンカジノの違法性や合法性は?

 

ベラジョンカジノは日本国内でプレイしても、ベラジョンカジノのサーバーは海外にあります。

 

つまり海外でカジノ行為を行っていることと同じで、違法性があると明確に判断できませんし、合法だと厳格に言うこともできません。

 

オンラインカジノは今の日本の法律では、グレーゾーンだと考えられています。

 

これがオンラインカジノの現状で、法律的にも明確な判断ができないので、メディアや雑誌でも大々的に紹介されていないというのが実際のところ。

 

ベラジョンカジノは合法とも違法とも言えない。

 

非常に悩ましい話ですが、これがベラジョンカジノを含めたオンラインカジノの現状です。

 

日本の法律ではパチンコもパチスロも違法行為

 

あまり知られていませんが、厳密に言うと日本の法律を適応するとパチンコもパチスロも違法行為にあたります。

 

パチンコもパチスロも景品に変えることは問題ありませんが、その景品を現金で買取ことで、直接的な金銭のやり取りがない。

 

だから日本の法律では違法性があるとわかっていても、直接金銭的なやり取りがないので、明確に違法と言えません。

 

でもパチンコもパチスロもギャンブルとして成立していますし、それだけで生活しているプロの人もいます。

 

パチンコやパチスロも厳格に言えば違法行為であっても、逮捕されない方法を見つけ出し、それを安全に楽しめるようにしている。

 

法の抜け穴を探して、プレイヤーが安全に楽しめるようにオンラインカジノも同じように考えられていますので、安全性が高いと考えてもよいと思いませんか。

 

ベラジョンカジノがライブカジノでも違法性が問われないのは?

 

ベラジョンカジノのようなオンラインカジノを日本人がプレイしても犯罪行為に問われない一番の理由は、胴元が日本にいないこと。

 

ベラジョンカジノの本社も日本にはありませんし、カジノサーバーを置いている場所も国外のみです。

 

日本の法律で賭博罪が成立するのは、胴元と張子の両方を揃って捕まえることですので、日本国内に胴元がいないオンラインカジノでは法律的に違法性を問うことはできません。

 

張子(プレイヤー)を単独で捕まえても、賭博罪を問うことはできませんので、法律的に違法行為を行っていると断定できないんです。

 

胴元も海外、サーバーも海外だと日本の法律では日本国内で賭博行為を行ったということで厳格に逮捕・処分することができないというのが実情。

 

これがベラジョンカジノを含めたオンラインカジノの違法性に対する法律的な見解であり、オンラインカジノの適法性がグレーゾーンになってしまう原因です。

 

ライブカジノの違法性と合法性(ライセンス)とは?

 

ベラジョンカジノを含めライブカジノやオンラインカジノを運営している会社は、全て海外政府から運営許可証(ライセンス)を取得しています。

 

ベラジョンカジノは、マルタ政府によるMalta Gaming Authorityの規制ならびにライセンスを保持しており、政府公認のカジノ運営を行っています。

 

オンラインカジノのライセンスにもいくつかの種類がありますが、マルタ共和国などのヨーロッパ系のオンラインカジノが使っているライセンスは取得が難しいと言われています。

 

逆に中南米系のカジノライセンスは、非常に審査が甘くて安全性が十分に担保されていないと考えられていますので、そういった国のライセンスしか保持していないオンラインカジノは避けましょう。

 

さらにいえば、無免許で運営しているようなオンラインカジノは絶対に避けてください。

 

お金を取られても逮捕されても、文句は言えませんのでオンラインカジノを楽しむならベラジョンカジノのような合法性が高い企業のサイトにしましょう。

 

ベラジョンカジノのオンラインカジノもライブカジノも、日本国外でプレイする分には、完全に合法で問題のないこと。

 

それを理解した上で、ベラジョンカジノの違法性と合法性について考えるのが良いと思います。

 

現在の日本の法律では、オンラインカジノという存在を厳格に取り締まる法案がないので、グレーゾーンに当てはめられており、警察や検察の都合の良いように判断されているのが実際の姿です。

 

ベラジョンカジノの合法性の論点とは?

 

ベラジョンカジノのようなオンラインカジノの合法性を問う際によくいわれるのが、

 

  • 実際に賭けが行われている現場は海外のサーバーで、日本にいるプレイヤーは操作をしているだけ
  • 日本から賭け行為に参加しているのは事実

 

どちらとも判断することができると考えられていますが、オンラインカジノに関する法律がなく、日本の法律は賭博の胴元を裁くためにあるという目的があります。

 

だからそういった観点から考えると、海外で合法的に運営されているオンラインカジノプレイヤーを裁くことができないと考えられています。

 

安心安全なオンラインカジノの見分け方は?

 

ベラジョンカジノを含め、オンラインカジノの安全性を見分ける際にポイントになるのが、

 

  • 政府発行のライセンスを保持している
  • 海外の国内市場向けのライセンスを保持
  • 海外の会社が運営しているカジノサイト
  • 海外にカジノサーバーを設置している
  • 日本語以外にも多数の言語に対応している
  • 日本語対応のサポート体制が充実している
  • 通信がSSL技術で暗号化されている

 

最低でもこれらのことをしっかり守っているようなオンラインカジノを選べば、失敗することはありません。

 

ベラジョンカジノはこれらのことをしっかり守っていますし、ホームページにもこのような一文があります。

 

オンラインカジノは日本で合法なのか、違法なのかという点に関して、様々な憶測が出回っていますが、ベラジョンは、厳しい監査や法律上の規定のコンプライアンスをきちんと経た上、完全に合法的な体制を整え、常にプレイヤー様の安全や安心を最大限に考慮したサービスを提供しております。

出典:ベラジョンカジノ公式

 

オンラインカジノで日本人が逮捕された事件とは?

 

オンラインカジノが違法行為で逮捕されるリスクが有るというのは、2016年のスマートライブカジノ事件があったから。

 

スマートライブカジノというオンラインカジノでプレイしていた3名の日本人プレイヤーが実際に逮捕されてしまったんです。

 

スマートライブカジノ事件の詳細は・・・

 

スマートライブカジノのサイトは、ネット中継され、日本人女性のディーラーがルーレットやブラックジャックなどのゲームを提供。

 

客はあらかじめ氏名やメールアドレスなどを登録し、クレジットカードや決済サイトを使って入金して、賭ける。遊び方などは日本語でやり取りでき、賭博の開催時間は、日本時間の夕方から深夜に設定していた。

 

府警は英国に拠点があっても実態は日本向けの違法賭博と判断。客の賭博行為は国内で行われているとして、単純賭博容疑での摘発に踏み切った。

引用:読売新聞

 

スマートライブカジノ事件で日本人プレイヤーが逮捕された理由は?

 

スマートライブカジノ事件で日本人プレイヤーが逮捕された原因は3つ

 

  • 日本人ディーラーが日本人のためにカジノを運営
  • 他プレイヤーのIDや賭け状況がわかる
  • 日本語での会話が楽しめる

 

完全に日本人向けに運営されたカジノで、個人情報がスマートライブカジノ内で筒抜けの状態でプレイヤーの断定ができてしまったことで、3名が逮捕されたんです。

 

しかしこの事件には後日談があり、逮捕された3人が単純賭博罪で罰金刑10〜20万円が言い渡されましたが、起訴内容に不服を持った1名が裁判で検察と争うことになりました。

 

スマートライブカジノ事件は不起訴処分になっている

 

スマートライブカジノ事件で逮捕起訴された1名が不服に思って裁判で闘った結果、不起訴処分になりました。

 

不起訴処分とは、検察側がスマートライブカジノ事件に関しては裁判で争っても有罪にするのは難しいと判断したからです。

 

逮捕・起訴はオンラインカジノの違法の証明でもなく、社会的に問題提起された事件だったと考えるべきでしょう。

 

そしてそこで不起訴処分だったということは、日本の法律ではオンラインカジノを明確に犯罪行為と断言することができないのが証明されてしまいました。

 

この1件を最後に、日本では海外で合法的に運営されているオンラインカジノのプレイヤーは逮捕されていません。

 

これがベラジョンカジノを含めたオンラインカジノの日本での違法性についての見解です。

関連記事

  • ベラジョンカジノのアカウント認証はどのくらい時間がかかるか?

  • ベラジョンカジノは詐欺?理由や真相でわかるオンラインカジノの疑問は?

  • ベラジョンでイカサマ?オンラインカジノの信頼性は大丈夫?

  • ベラジョンカジノは勝てない?初心者が絶対に注意すべきポイントは?

  • Hawaiian Dreamはベラジョンカジノの日本人向け人気スロット!

  • ベラジョンカジノのモバイルアプリはスマホでも使いやすい?